矢祭の美味しいお蕎麦屋さん♪♪

昨晩は、味よし香りよし、喉越しの柔らかさとコシのある新蕎麦をたっぷり堪能させて頂きました。
師匠のお宅にお隣さんご夫妻とご招待いただいたのです。

食卓にはミツさん(奥様)お手製の美味しいおでんや天麩羅などが並べられ、生舟には既に師匠の手によって打たれたお蕎麦が…(わぁ美味しそう)
一同俄然盛り上がりました。

しっとりとした艶やかな茹でたて。蕎麦粉100%の純白に近い蕎麦は、のどごしの良さが最高です。
「あぁ、日本人に生まれて良かった…」

だいぶ昔に蕎麦産地へ主人と旅行した時、蕎麦が白いこと、コシがあること、香りがあることに衝撃を受けたものでした。お蕎麦はいろいろなお店で食べ重ねてきましたが、お世辞抜きで美味しい新蕎麦の風味に浸ることができました。
途中からヨッちゃんも合流。蕎麦好きは、蕎麦の誘惑には勝てないみたいですね。ちょっとだけ汁につけ、蕎麦本来の味をたしなまれるとは、さすがです。

蕎麦粉は、一味も二味も違うと師匠がこだわった福島県石川町の「蕎麦美人」の名品だそうです。
蕎麦粉、打ち名人、茹で名人のミツさんが揃って作られた新蕎麦は、「香り」「歯触り」「のどごし」の三拍子揃った、風味甘味とも絶品でした(写真に撮れなくて残念…)。
そば湯も結構濃くてしっかりと蕎麦の味がして最後まで美味し くいただきました。

なんと帰り際には、芋饅頭、揚げ饅頭、お手製の柚子ジャムなどの他、同じ新蕎麦粉で作られた二八そばまで持たせてくださったのです。
画像


これまた名人が打たれた蕎麦だけに、鮮度が落ちないうちにと今朝有難く「月見そば」でいただきました。
画像

たっぷりのお湯で静かに蕎麦をほぐして、蕎麦が煮上がったら、一度十分冷たくなるまで水でしめました。
師匠の注意事項を忠実に守ったおかげで、歯触りのよいお蕎麦になりました。
「うん、これも美味しいね。ツルツルしこしこで…」美味しいお蕎麦が二度も味わえるなんて、主人も大満足の様子。


『新そばが入荷しました』の看板こそなかったものの、師匠宅のお蕎麦屋さん(?)でいただいた美味しい新蕎麦で、過ぎ去る秋の一時を楽しませていただきました。本当にごちそう様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テコリン
2011年11月18日 00:20
打ち立ての新蕎麦がいただけて羨ましいです。ほんとに美味しそうなお蕎麦ですね。師匠さんはお蕎麦屋さん始められたら絶対繁盛しそうですね。美味しいお蕎麦がいただけて、しかもお土産付きで。ありがたいですね。
親金
2011年11月18日 22:30
テコリンさん。ありがとうございます。
師匠がお聞きになったらさぞ喜ばれることでしょう。
師匠のお宅に伺うとお母様と師匠とミツさんがいつもニッコリ迎えて下さって、その上お土産まで。本当に有難いことです。

この記事へのトラックバック