菜園用手作り土フルイ♪

当地では相変わらず、起きると室温計は0℃前後を指していて寒く乾燥した朝が続いていますが、皆様お風邪などひかれていませんでしょうか。

画像画像朝は寒くても午前9時半を過ぎる頃には、もうポカポカ陽気。
昨日までの冷たい北風もなく穏やかな日になりました。

朝食後、夜間は根が凍りつくと言う理由で玄関に非難している野菜や植木達を日向ぼっこさせてから、作業着に着替え、先ずは菜園の凍った土起しから。

今日は、菜園拡張に向けて土に混じった小石や大石を取り除くため、本格的な土フルイを自作しようという試みです。

半年前、「開墾部隊」(弟妹達で結成)が作ってくれた菜園の土作り。
土をフルイにかけた際、「丸太にフルイを乗せて、前後に動かしながら振るえばいいじゃない…」の弟の言葉がヒントになりました。

材料は、この前の日曜日.、買い物帰りに寄ったホームセンターで買い揃えていました。
木枠を作る材料の角材は意外に高かったので、安い杭打ち用の木材長短を1本ずつ。
金網はステンレスのメッシュで切り売りされていましたが、これまた高価。
ふと脇を見ると「工作ネット」が1m分、単品で売られています。
亜鉛メッキでしたが、なんと金網の幅は、短い方の木材半分の長さとピッタリです。
しかも、縁加工もされていて、網の目は近くに売っていたフルイの目の細さと同じです。ラッキーでした。
出来たフルイの下にゴロゴロさせる塩ビ管も買いました。

画像画像画像先ず、木材をカットしてから木枠を組み立ます。

金網を張って、裏から押さえの木端を打ち付けて完成です。

誠に雑でお粗末な作りですが、それはそれで愛着があります。
主人もまずまずの出来と、ご満悦の様子。

塩ビ管は半分に切って一本は予備にしました。
(写真では面白がって2本でゴロゴロしていますが…)


フルイを手に持って重たい土を振るっていたことに比べれば、画期的な作業効率になることでしょう。
凍った土が解ける春の到来が待ち遠しくなりそうです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テコリン
2012年01月21日 01:29
冬のこの時期でもお元気に仕事をされていますね!ご主人の手で立派なフルイが完成しましたね。丈夫で面積も広く使いやすそうです。出番が待ち遠しいですね。
親金
2012年01月21日 13:26
テコリンさん。ありがとうございます。
素人の手仕事でお恥かしい限りです。
やはり、土には愛情をかけてあげなければ野菜も良く育ちませんものね。
出来はどうあれ、早く振ってみたいものです(笑)。

この記事へのトラックバック