浄化槽のこと

画像8月に入って、また暑い一日になりました。

それでも、今日は風があって、カンカン照りの陽を浴びた果樹の緑がそよぐ木陰に入って草刈機を回していると、涼しい風の流れを感じ少しは暑さが和らぎます。


画像さて、お気の毒に浄化槽の検査員の方が蜂にさされたのは5日前のこと。

その時の作業は定期保守点検で、微生物活性剤の投入やら槽内空気配管等の洗浄やその他調整をしていただきました。


昨日午後は、バキューム車ほか車2台で浄化槽の清掃と水張りが実施されました。




東京暮らしでの「下水道」と同じ感覚で毎日意識したこともなく、どのような構造になっているのかすら知らなかった「浄化槽」。


調べましたら、面白いサイトを見つけました。

川や海、自然環境にやさしい浄化槽の情報が集められている、環境省の「浄化槽サイト」です。


これから田舎暮らしをお考えになられる方、浄化槽に興味のある方はご参考になさってください。


自然環境のためにも、浄化槽の役割を見直すいいきっかけになりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テコリン
2012年08月12日 01:15
環境省の「浄化槽サイト」。身近なことなのに知っているようでまだ知らなかったことがあり興味津々で読ませていただきました。実は我が家ではいまだに下水道が整備されておりません(田舎なもんで…笑)が、家庭から出る生活雑排水が汚染原因であることがあらためて分かり、今日からでもできることを始めたいと思います。ありがとうございました。
親金
2012年08月12日 14:41
テコリンさん。ありがとうございます。
身近なことなのに知っているようで知らなかったこと、ありますよね。
私も浄化槽が、こんなに健気に働いてくれているとは思いませんでした。
少しでもご参考になっていただけて嬉しい限りです♪。

この記事へのトラックバック