ナスの漬物

画像画像画像画像昨日今日お日様が顔を出して、久々の青空を流れていくすじ雲がとても涼しげで、一気に秋の気分に仕立ててくれました。

ゴンスケが膝に乗ってきて、日曜日でも外出しなかった居間でしばらくスキンシップ。その温もりが気持ちよくて、眠りについた重さを感じているのは、ほんとに幸せです。

お向かいさんの田んぼは、見事に実った稲穂が重そうです。
「よ~し、今年も頑張るぞぉ」と、稲刈りに意欲満々の主人。一昨日は「出陣式」とやらで、コンバインや籾コンテナの整備のあと景気づけにだいぶ盛り上がったそうで、ご機嫌の主人が送り届けられました。
お酒が入った翌朝は、お決まりのお粥。ちょうどよいタイミング、と先日漬けたナスの塩漬けを出すことに。
色だけはそれらしいものができました。
ブログをお訪ねくださる方には漬物名人さんがたくさんいらっしゃって、なにを今更…と恐縮ながらお許しいただいて…。

今回は、山形県名物の「丸なすのお漬物」を参考にしました。
水600㏄を沸かし、塩大3、砂糖大2、焼きミョウバン・塩麹各小1を溶かします。冷ましている間、洗ってガクを取ったナスを瓶に詰め込み、冷めた液を注ぎます。常温で2日で漬かったら冷蔵庫へ。
レシピでは、丸なす400gで水1800cc、塩150g、砂糖300g、ミョウバン小3のところ、我が家流の減塩減糖です。

色よく漬けるには、空気に触れないようナスがいつでも漬け汁の中に収まるように、アルミホイルをくしゃくしゃにして蓋をしました。
今まで漬けたものはナスの皮が固くなってしまって、どうやらミョウバンが原因のよう。固くなる前に漬け汁から出せばいいそうですけど、今回は塩麹を追加してみました。

しょっぱさも固さもなくなって、ちょうどいい漬け加減。ヘタのところが一番美味しくって…糠漬けと一緒に、主人も食が進んだようでほっとひと安心。

次は、塩とミョウバン50:3の「配合塩」も試したいところ。
「漬物ばあさん」になりたい、という目標もあって、あれこれ勉強のつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ルッコラ
2014年09月01日 22:10
爽やかな気持ちのいい景色に癒されました。
「漬物研究家」とお呼びした方がよろしいのでしょうね。実は7月18日に教えていただいた茄子のお漬物、3日前に作り今夜いただきました。いい色に仕上がって美味しくできました。おかげ様で私にしては上出来でしたがミョウバンのお話には勉強になりました。「漬物」と一口に言っても奥が深い食べ物なのですね。
親金
2014年09月04日 05:43
ルッコラさん。美味しく漬けていただいてありがとうございます。
塩漬けは塩加減が難しいですね。減塩の我が家では今まで漬けたいものの3%位でしたけど、茄子は5%の「配合塩(50:3)」がいいようですね。何度も失敗しながらコツをつかんで、やはり漬物は長年の勘が頼りになるのでしょうか。そういうことでは、「研究家」で終わるかもしれません(笑)。

この記事へのトラックバック