ナスタチウムの花

画像画像画像画像降ったり止んだりのうっとおしいお天気でも、残ったじゃがいもを掘り出したり、草花の種を蒔いたり、なんだか気忙しい毎日です。

それでも、今年もまた父の日に感謝できたことが、何より嬉しいことですし、ゴンスケとのお散歩帰り道で「種から育ったの、持ってく?」と、ナスタチウムの花鉢をいただいたことで、ますます気分はカラッと明るくなったようです。

円形で蓮の葉を小さくしたような葉で、写真のようなオレンジや黄色、赤など暖色系のお花。秋になったら、さぞ葉の緑と花のコントラストが目に鮮やかに映ることでしょう。今からとても楽しみです。


一方で、こんな気候が、パン作りにはちょうど良さそうで、昨日は「バターロール」に挑戦していました。

一次発酵まではホームベーカリーにお任せでしたけど、生地を休ませて成形し、二次発酵で2倍くらいに膨らんだ時、私の期待もふくらみました。

オーブンで15分、とてもいい具合に焼き上がりました。ハケでぬった溶き卵にムラがあるところは、どうか大目に見ていただいて…

初めてにしては、まずまずの出来。冷凍して、パンを切らした時の繋ぎにしようとしましたら、昨日焼いたバターロールが食べたいと、珍しく主人のリクエスト。そんなことで、今朝は軽く温めてBLTを挟んでいただきました。


そういえば、ナスタチウム。サンドイッチに挟むと美味しいんでしたっけ。
そう思って調べましたら、葉はピリッとした辛みのあるクレソン代わりに使用され、花もフレッシュなうち生食できるとか。さらに、種子は胡椒ひきやすり鉢ですって香辛料、未熟な果実をおろし金でするとワサビの代用となって、酢漬けにすればケイパーの代用となる、とありました。

そのうえ、葉に豊富に含まれているビタミンCは、メラニン色素の合成を抑制し、できてしまったメラニン色素を薄くする効果があって、コラーゲンの生成も助けるので肌のハリを保つ効果も期待できそう。

有難いいただきもので、また一つ、食べられるハーブの勉強ができました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ルッコラ
2015年06月26日 22:02
ナスタチウムのお花、私も大好きです。花は食用になるのは聞いたことはあっても食べたことがなく、しかも葉まで食べられるなんて知りませんでした。種は香辛料ですか。びっくりです。葉っぱでシミが消せるものなら消したいです…。
手作りのバターロール上手に出来てますね。
BLTサンドなんてオシャレ♡
リピまちがいなしですね(*^_^*)
親金
2015年06月28日 20:38
ルッコラさん。ありがとうございます。
何度か見かけたことのあるお花が、見てもよし食べてもよしとはほんと驚きです。
お花は料理の彩りに、たまには食卓も華やかにしたいですね。葉っぱのピリッとした刺激がどの程度で、シミにどれほどの効果があるのか、ボウズにならない程度に試したいと思っています(笑)。
バターロールお褒めいただいて恐縮です。HBに頼らず、全て手作りといきたいところですけど、どうか長い目で見守ってくださいますように。

この記事へのトラックバック