春の小川♪

画像画像画像画像春の小川はサラサラゆくよ~♪ 陽気もようやく落ち着いたようで、水の流れも心地よく感じるようになってきました。

主人の花粉症も、少しおとなしくなったようで、居間の窓を控えめに開けると、梅の花と鳥の声、そしてせせらぎの音。
その居間の外野席から、ずっと眺めていた矢祭川の堰の改築工事。今日無事完了しました。
堰は、農業用水の水を川から取るため、河川を横断して水位を制御する施設です。

堰ができたあとで、どう片付けるのかしら、と思っていた土のう、気付いた時は油圧ショベルが入っていて、土のうを軽々持ち上げ、なんと器用にほどいて法面に土を積み上げていました。
「堰を乗り越えたのかしらねぇ」「まさかぁ、特大の油圧ショベルが吊り上げたんだよ」
次に気付いた時は、4台の油圧ショベルが一緒になって、お昼過ぎには川下の土のうもすっかりなくなっていました。
結局、決定的な場面は見られませんでしたけど、堰の端にあったブルーシートには、土で汚れたキャタピラーの跡がくっきりと。


綺麗になっても、ヤマメ・ウグイの稚魚放流やホタルなど、今年は残念ながら望めないと思っていましたら、夕方にはもう堰の下でシロサギが羽を休めていました。

3月の慌ただしさが癒され、矢祭川は、これから、陽光降り注ぐ美しい季節を迎えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ルッコラ
2016年04月08日 23:53
堰の改修工事が無事に終わったのですね。重要な役目を担っている堰き止めだからこそ、大がかりな改修工事だったのですね。最後まで土のうのゆくえも気にされながら、長い間の見守りお疲れさまでした。
またホタルが戻ってきてくれますように…
親金
2016年04月10日 22:37
ルッコラさん。ありがとうございます。
ゴンタとの早朝庭散歩が、今では心地よい川散歩になりました。
工事関係者の方が桜や法面には芝生まで植えてくださって、歌どおり「…岸のすみれや、れんげの花に…♪」色美しくなるのもそう遠くはないようです。
残念ながら、ホタルの卵は流されたようですけど、ここ数日カルガモ君たちが戻ってくれました。
今朝は赤と黒を着飾ったキジ君も遊びにきてくれて、いよいよ美しい季節を迎えました。

この記事へのトラックバック