プラス・マイナス?

画像画像画像画像画像今年は春から季節が前倒しできましたのに、ここにきてずっと足踏み状態の気まぐれお天気。花をつけたヒマワリは、太陽が恋しいとお日様待ち顔です。

雨上がりの蒸し暑さと涼風が代わりばんこにやってきて、今日の明け方にはちょっと肌寒い感じで、ゴンスケも布団の上で丸まっていました。

こんなお天気で、うちの菜園のデキもプラス・マイナスあり…
どういうわけか、水好きなナスが元気がなくて、その代りトマトが今、大豊作です。
処理しきれないほどのきゅうり、サニーレタス、ピーマンなどは雨の恩恵で、ささやかながら、収穫のある毎日です。

昨年小さいのが一つしか収穫できなかったゴーヤー。これは今年の初物ながら、いきなり5本ほどの成果で、ミニサイズのものもいっぱいぶら下がっています。

今年の花壇の隅で、綺麗に咲きましたとご報告するつもりでした「西洋アサガオ」は、まったくの不成績。
本腰を入れて育てたわりに葉っぱばかりが茂って、花芽はほとんど見られません。後で調べましたら、どうやら肥料のあげ過ぎだったようです。

なにはともあれ、草食動物のように、お野菜が毎朝のお恵み。
夏野菜をたくさんいただいて、これからやってくるカッと照り付ける暑い夏に負けないよう、頑張ります。

夏野菜と並んでご報告させていただくのがもう一つ。
ハクビシンからの戦利品「あかつき」は、無事人間のお腹に収まりました。
先手必勝で収穫したせいか、小ぶりの規格外。後ろめたい気分もありましたけど、とても甘くて美味しくいただきました。

この記事へのコメント

2016年07月26日 19:50
たくさんの種類の野菜を育てられて、朝から野菜漬けなんですね 一度にできないで、毎朝二本くらいだと本当にありがたいですけれどね~。
桃もおいしい季節なんですね。時々買いますが、お高いです
親金
2016年07月26日 22:02
コマダムさん。ありがとうございます。
わずかばかりの菜園に少しずつの野菜で、ひたすら試行錯誤の繰り返しです。うまくできたり、失敗したり…「まずまず」の収穫ができると嬉しいですね。
長い間収穫したい、ときゅうりの2番苗が花をつけ始めたところですけど、今でも持て余してしまって、コマダムさんのお言葉を借りると「キュウリ長者様」もツライですよね(笑)。
できれば「桃長者」にもなって皆様にお分けしたいのですけど、なにしろギャングとの競争ですから、いつの日か皮の紅色が濃くなって、果汁が溢れるほど美味しい大きな桃を育ててみたいものです。

この記事へのトラックバック