春待ち♪

画像画像画像朝方には霞が山にたなびいて、昨日の雨もどこか春の兆しを感じる、今年の3月。

霜除けのポリをしてひと冬、ちょっと過保護かなと思うくらいに育てた甲斐あって、ソラマメの脇芽がようやく揃ってきました。
いかにも春待ちの感じになったのが、ちょっと嬉しいです。

そうなると、何か始めたい気分がうごめいてきます。
主人が車のオイルとフィルター交換で外出した留守に、セルトレイに種蒔きをすることに。

キャベツ、レタス、シソ、スナックエンドウ、サニーレタスなどの野菜と矢車草とネモフィラのお花。
ちっちゃな種を蒔いていると、ゴンスケが覗きに来て、ひとしきりクンクンしたあとは傍で日向ぼっこ。
背中からお日様が暖かくて、ご機嫌な作業です。

ひと仕事終えた頃、帰ってきた主人とお茶休み。
炬燵にどっこいしょと腰を下ろしたら、とうとう「どっこいしょ」が出るようになったか、と主人が嘆いていました。

今日はお雛祭り、春らしいちらし寿司でも作るはずのところ、高砂の老夫婦のように、いつまでも仲良く、健康で…と、気構えだけは華やかに。

この記事へのコメント

テコリン
2017年03月06日 17:10
防寒対策バッチリでソラマメ順調に育っていますね。何種類もの種まきもされ、なんてマメなのでしょう。やはり若さですね!せめて「どっこいしょ」くらい言わないと腰が悲鳴を上げちゃいますからね。私なんか口癖になっております(笑)。
親金
2017年03月06日 21:48
テコリンさん。ありがとうございます。
ほんと、一日に何回、この「どっこいしょ」が出るようになったことやら…
家の中でも、歩く先々で主婦は仕事がありますもんねぇ。
明日からもしっかり「どっこいしょ」の掛け声で仕事を片付けていきたいものです(笑)。

この記事へのトラックバック