ようこそ、やまつり清流の里へ

画像画像画像画像画像画像田舎で育ったのではないのに、田舎暮らしのおかげで田んぼの情景を見ると、とても癒されます。

田んぼの坂道を上がって行くと、ちょうど朝日を受けて、田植えの済んだ水面に輝いてキラキラ。車も通らない道でゴンスケとちょっと道草にはうってつけの道中です。

田植えも終盤を迎えるこのたび、地元で田植え体験ツアーが開催されました。
日常を離れた別世界へタイムスリップ、田舎体験ができる農家民宿を通して自然のすばらしさを肌で感じてもらうことを目的とした取り組み。
この『やまつり清流の里』を立ち上げられたのは、改めてご紹介するまでもなく、地域や町でさまざまな活動をされていらっしゃる「師匠」です。またまたバシッとつなぎ姿を見せてくださるのがカッコ良くて…

水の美味しい矢祭町は、美味しさ特Aクラスの米どころ。今日は地元からもたくさんの方が応援にかけつけて、昔ながらの農法で手植えです。プロの方々の指導のもと、苗束から2~3本むしり取って、指先で根元をつまんで、泥の中に差し込んでいきます。
泥んこになりながら、ぬかるんだ足元に四苦八苦したちびっ子たちも、植え終わる頃には手つきも慣れて、植えた田んぼを見て、誇らしそうに。
腰をかがめての作業は大変だったでしょうけど、泥の中に足を入れる感覚、水や土のにおい、苗の柔らかさなど…貴重な体験や終わったあとの達成感など得られることができるといいんですけど。

皆さんが植えられた水面を渡ってくる涼しい風に早く会いたい、5月も終盤です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ルッコラ
2018年06月03日 21:45
さすが!お米どころならではの素晴らしい取り組みですね。実際に田んぼに入って田植えをやらせてもらうのは貴重な体験になりますね!難しそうに見えますけど続けて慣れると楽しそう♪気持ちのいい大自然の中での一日皆さんお疲れ様でした
親金
2018年06月06日 15:35
ルッコラさん。ありがとうございます。
ご返事遅れて申し訳ありませんでした。
機械化の進んだ現代においてはタイムスリップしたような貴重な体験ですよね。昔の農家の方々に感心するばかり。
ほんとは私も手植えしたかったんですよ。
田植えの後は、美味しいご飯が振舞われたとか。こっちが目当てだったりして…(笑)

この記事へのトラックバック