うちの「おうち時間」

日頃休みなく最前線で医療に携わってくださる方々に感謝申し上げます。
皆様は素敵なおうち時間をお過ごしでしょうか。

『コロナ時代』と言われるように、この異常とも思える日々が日常になるのではと、言葉の重さを改めて感じて、新型コロナウィルス感染が一刻も早く終息されますようにと祈るばかりです。

居間から眺めれば、自然界はまるで何事もなかったかのように、今はすっかりフレッシュグリーンに変わっています。
IMG_7484.JPG

そうした環境に住まわせてもらえることにあらためて感謝する気持ちが湧いてきます。
そんなとき、竹薮から掘りたてのとびきりをいただけるのも、ご近所さんのあるありがたさ。
あちこちから食べきれないほどいただくタケノコが、いまの季節の最高のごちそうです。

そんななかで、今週初めちょっと嬉しい「おうち時間」が。
病院から外泊許可がおりて、迎えに行ったら、なんと車椅子ではなく杖だけで立っている主人が。
おかげ様で、ゆっくりですけど一人で杖で歩くことができるようになっていました。
家で待ちくたびれたゴンスケに、「ゴンタぁ、覚えててくれたんだ~ぁ」
なにも、そんなに感激しなくても…と思ったのもつかの間、主人の目からこぼれるものをゴンスケがナメナメするものですから、その姿に感動するやら可笑しいやらで、忙しいこと。

庭が見たいと窓からのぞいていた主人を目にされたのか
「よかったねぇ、帰ってたんだ。ちょっと待ってぇ、タラの芽採ってくるから、食べさせてあげて」と、お向かいさん。
「急いでぶったから一緒に食べて」と、打ち立ての美味しいお蕎麦を持ってきてくださる方も。

たくさんの方々のお気持ちを嬉しく感じながら、つかの間のおうち時間を「ごちそう揃い」で美味しくいただきました。
翌日、主人を病院に送り届けましたら、病室の窓から「おかえりぃ~、仮出所どうだった?」ですって。
主人も同室の方々と楽しく過ごしていたようで、これでようやく安心しました。


写真は種から育てたレタス、貧弱な苗をトンネルで覆っておいたのが大きく育ってくれました。
IMG_7466.JPGIMG_7467.JPG

お世話になっている方々にほんのお礼の気持ちで、喜んでもらっていただきました。
IMG_7471.JPG
こんなんで、なかなかご近所さんとのコミュニケーションに役立ってくれてます。
とまたまた嬉しいいただきものまで。

そういえば、マスクの中に入れてと、どこかで見たような不織布もいただいていましたっけ。
IMG_7477.JPG

お刺身などのドリップを吸ってくれる下敷きでした。なかなかの知恵者です。
IMG_7479.JPG


良いコミュニケーションには、ほんと人の人生を豊かにする力があるんだと改めて感じています。

『家の扉は閉じても、心の扉は開けておけ』とはよく言ったものです。
コロナによって心が細る状況下だからこそ、楽しみながら、「心のつながり」を大切にしながら乗り越えていきたいものです。


さぁ、明日からはまた庭仕事の「おそと時間」に戻ります。
草刈り、がんばります!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

テコリン
2020年05月11日 16:56
おひとりで歩けるようになって本当に良かったですね!
毎日リハビリを頑張っているからこそと思っています👏
ゴンちゃんが待ちに待った瞬間でしたね!

ご近所さまとのつながりが温かく心強くてとても素敵だなと感じています。

急に暑くなったので草刈り、ご無理のないように。
親金
2020年05月12日 23:09
テコリンさん。ありがとうございます。
外出自粛も長期戦になって…
だからこそ、こうしてテコリンさんとの「つながり」が幸せにしてくださる大切なものだと思って、嬉しいです。
幸せホルモンのセロトニン、愛情ホルモンのオキシトシン、元気ホルモンのドーパミン、心からの喜びのエンドルフィン、なんですってね。
そんなホルモンが出るように、楽しみながら乗り越えていきたいものです。
どうぞくれぐれもお気をつけていただきますよう願っております。