6月になって

画像画像画像画像画像画像久慈川の夏の風物詩が始まりました。

毎年6月第1日曜日に東北地方のトップを切って鮎漁が解禁となる久慈川。昨日はさぞたくさんの釣り人で賑わったことでしょう。
今日はどうかなぁと、車で新夢想橋の上から眺めることに。この辺りは釣り天狗が多く集まるポイントらしく、平日にもかかわらず見える範囲だけでも10人余りが訪れていました。

鮎はどうして友釣りなの?と思ったら、水当たりが良く、良質なコケが生え、なおかつ捕食しやすいなめらかな石に定着すると、縄張りを持つようになる。縄張り意識が芽生えると闘争心が沸き、進入して来た鮎を排除するため、急所である尻ビレや肛門近く目がけて追撃する。餌で釣るのではなく、その習性を利用してオトリ鮎を仕掛け引っ掛けるそうで、ちょっと勉強しました。

針につけたオトリ鮎をいかに自然に、また弱らせることなく泳がせるかが技なんだねぇと、ウンチクをのたまう(ほざく)主人。

その主人は、昨日久慈川支流の矢祭川、といっても家のすぐ前で、約2時間格闘していました。
ゴンスケと様子を見に行ったちょうど目の前で、満足そうに笑みを浮かべながら釣りあげました。

釣果は2匹でしたけど、久々の鮎の感触を堪能できたようですし、あと何回か楽しむことになるのでしょう。
オトリ鮎をいれて5匹、ゴンスケと私にとっては大ごちそうになりました。

"6月になって" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント