夏の終わりに

さすがにあの猛暑は遠ざかったというものの、今度は気ままな降りが続いて、蒸し暑さと涼風が代わりばんこにやってきます。
つい10日程前、今年初めてツクツクボウシを聞いたと思ったのに、このところ午前中鳴いているのはミンミンゼミとクマゼミ。
午後になると、賑やかな声の中にツクツクボウシも加わって、日が落ちると、辺り一面もう秋の虫の声です。
「季節がごちゃごちゃだ」と主人。自然界の季節にこんなに変化があることに、改めて驚きます。

8月が終わりに近づいて、すでに畑の夏野菜から秋冬ものの種蒔きや植え付けに忙しくされていらっしゃる中、見てみぬふりをしてやり過ごしてたわが家ではトマトやきゅうりなどの枯茎もそのままという始末。
その名残りの菜園に一人寂しくぶら下がっているのは、三つ生ったうちの最後の小玉スイカです。
IMG_7254.jpg今年は小ぶり気味でしたけど、甘くてジューシーなスイカを物も言わずに食べて、このときばかりは蒸し暑さも忘れてひととき満足。
これで、出遅れてしまった菜園や花壇などの土いじりに、ようやく重い腰を上げることになりそうです。


IMG_7234.JPGIMG_7236.JPG地元の「魚つかみ取り」が過ぎて、

IMG_7249.JPGIMG_7240.JPG町を挙げての「やまつりCUP」が終わると、
矢祭の夏はあわただしく終わりに近づきます。

"夏の終わりに" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント