素人畝作りに強力助っ人ご登場

9月になりました。
台風接近のニュースが報道されていますが、皆様のところはいかがですか?
お伺い申し上げます。
こちらは時折小雨が降ってはすぐ止む程度でしたが、畝作りには作業しやすい一日でした。
今日はその畝作りに強力助っ人ご登場の話です。

昨夜かっちゃんから畝作りに関してのコメントをいただきました。
 「畝には高さと幅があります。高さは水はけの良し悪しや作物の種類で変えます。一般的に水はけが良いところは低くてもよく、水はけが悪いところ(田んぼなど)は高くする必要が有ります。石が無い層が50cmあれば大根も出来るかもしれません。畝幅は作物によって変えます。残土を入れる予定のようですが、石を抜いた土ですと全面が畑ですので畝幅が変更でき、耕運機で耕運するときも効率がいいです。ご参考まで」

畝の高さは土質によって決まり、畝の幅は作物によってどれくらい根が広がり、どれだけ大きくなるかによって、変えていくということを教えていただきました。
だからこそ、全面をよい土にすればいいということですね。
素人にもよく分かる的確なアドバイスをいただき本当にありがとうございました。

いただいたアドバイスは即実行。
幸い残土を入れたのは1本の溝だけでしたので、難なくリセットできました。
画像


足りない分は残土をふるいに掛けることで補いました。
画像


今日の作業はここまででしたが、まだまだふかふか土は足りません。
「この際、畝作りには力と時間を惜しまないで、ていねいに作業しましょうね。」
「最初になに作ろうか? 50cmの深さだから大根? で、畝の幅は60~70cm前後?」
(教えていただいたばかりで、主人はもう一端の菜園家気取りです)

「作る野菜が好む土作りが必要」という大事な基本を勉強させていただいた一日でした。
かっちゃん本当にありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かっちゃん
2011年09月02日 18:07
埼玉は台風の直撃は免れそうですが、時折強い雨が急に降り出し蒸し暑い一日でした。畝つくり早速実行して下さったのですね。タイミングがずれたコメントでごめんなさい私の方は先日白菜、レタス、ルッコラ、ガーデンレタス、こかぶ、赤カブ、ミズナ、小松菜の種を蒔きました。ぼちぼち芽が出てきています。親金さんも色々試してみてください
親金
2011年09月02日 22:16
かっちゃん、畝つくりのご指導本当にありがとうございました。
素人考えでそのまま進んでいたと思うと…コメントはナイスタイミングでした。
きゅうりの成長を見守るだけでヤキモキしてますのに、こんなにたくさんの野菜を育てられるとはすばらしいですね。
バジルや私達にもできそうな野菜の種を蒔いてみたいと思っています。
テコリン
2011年09月02日 23:06
それにしてもいい畑ができましたね!開墾から始まり、綺麗に盛り土がされて、立派な畑ができました。大変だったでしょう。全部手作業ですものね~すごい!!『やる気さえあればなんでもできる!』なんですね
親金
2011年09月02日 23:55
テコリンさんありがとうございます。
これも「開墾部隊」というお助けのお蔭なんですよ。
いいお手本を真似しただけで、ここまで出来ました。
やはり野菜づくりには、経験と知恵とやる気が必要なんですね。

この記事へのトラックバック