秋の味覚

連日厳しい残暑が続いていますね。皆様お元気でお過ごしでしょうか。

玄関脇の柿の小さな緑色の実は今年たくさん落果しましたが、気が付くと赤く色づき始めていました。
でも、実はかなり小さいです。
画像


昨年採る作業が大変なくらいだったユズ。
今年は花芽が全然つきませんでした。
画像


元々、柿もユズも隔年結果の傾向があるそうです。
果実の成り年(表年)と不成り年(裏年)を交互に繰り返す性質で、成らせるだけ成らしてはいけないんだそうですね。
今年は、真夏の酷暑とその裏年が秋の実りに大きく影響しているんでしょうか。

我家の果樹はどれも枝や蔓は伸び放題、結実したのはほんの数個、中には枯れかけた果樹も多くあります。
剪定や摘果の管理も重要なんですね。

菜園栽培と同様、果樹も自分で栽培した実を食したらさぞ美味しいことでしょう。
(よし! お店で買うより美味しい果樹をつくるぞぉー。)

柿なんですが、実は品種はもちろん甘柿か渋柿かも分からないんです。
そこで、主人に試食してもらおうとしたら、うまく交わされてしまいました(笑)。
しかたなしに小さい熟した実を口に入れたら、甘っ!
あとは、富有柿であることを祈るだけです。(コリッとした食感が大好きです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かっちゃん
2011年09月19日 21:50
実りの秋ですね
柿の赤いのはもしかして虫が付いていませんか。
”こ”が吹いていますか?虫が付いて熟れても甘くなります(この場合柔らかい)写真で青い柿も見えますが同じ木でこれだけ色が違うのは虫の可能性があります(カキノヘタムシ)柿は形だけ見ると富有柿又は次郎柿に似ています。これらは10月下旬頃甘くなります。我が家では百目柿がぼちぼち”こ”を吹き始めています。果樹は剪定をやりすぎると成らない事がありそうです。
親金
2011年09月19日 23:42
かっちゃんありがとうございます。
ジャムのように甘く柔らかく美味しかったのですが…
(ヘタムシ被害によるけがの功名?だった訳ですね)
虫が付いただけで赤くなるんですか。
“こ”は吹いてないと思います。
確かに、小さい実でも赤いのもあれば、ヘタの下から落果している実もあります。
勉強になりました。害虫対応し10月下旬頃を楽しみにしたいと思っています。難しい剪定も勉強します。

この記事へのトラックバック