草もみじ!?

いつも「散歩はいい運動になるよ…」と朝のお散歩から楽しそうに帰ってくる主人。
日頃の運動不足解消にと、一昨日から夕方のお散歩担当になりました。

「お散歩行く?」というと俄然元気になるゴンスケ。
矢祭川に架かる橋を渡って、稲刈りが終わった田んぼ近くの道に入った昨夕。
暮れなずむ田んぼの一角の華やかな色に、息を飲むほど感動しました。


画像ありました! 田んぼは昨夕と同じ草もみじで装い、今朝も私達を迎えてくれました。

主人とゴンスケの散歩に道案内を兼ねて同行した甲斐がありました。


画像さながらセピア系の絨毯のような景観にしばらくぼんやり見とれていました。

未だ蒼い林の緑色との絶妙なコントラストとなり、いっそう幻想的に見えます。


休耕田での草もみじで、下半分が枯れ切ってなく緑が残っているのか、
水田雑草の中で「アカマンマ」と呼ばれるイヌタデなどが咲いているだけなのか、
遠くからは確認できませんでしたが、これで十分満足です。


いずれにしても、身近な草は少しずつ秋の深まりを色で教えてくれました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ルッコラ
2012年10月16日 22:57
綺麗な画像を見させていただきました。まるで絵に書いたようですね。こんなに紅葉する草があったなんて驚きました!
素敵な光景が毎日のように真近で見られていいですね
親金
2012年10月17日 23:31
ルッコラさん。ありがとうございます。
草もみじを見ていると気持ちがゆったりしてきます。それでも見頃は霜が降りるまでとか。
これからは、山の斜面を湧きあがるように色とりどりに染めていく紅葉黄葉が楽しみで、自然に感謝したい気分です。
ルッコラさんも秋の深まりを是非楽しんでくださいね。

この記事へのトラックバック