桃の袋掛け♪

画像ちょっと降っては止み、また晴れ間がのぞいたり、なんとも忙しい日が続きます。
皆様お変わりございませんか。

朝食後、主人は庭木の剪定、私のほうは菜園周りの草引き。
その後、きゅうりのネット張りをしてから、昨日し残した作業の続きを。


ピンポン玉ほどの大きさになった桃の実は、ほんのり色づいて柔らかい毛が生えています。

おととしは、たくさんの実が落下し、残った二つのうち一つの甘い桃は美味しくいただいて、最後の一つは明日が食べ頃というその日に爪あとを残したハクビシン君に食べられてしまいました。

昨年は、何故か実のつきが良くないうえに、大きくなる前に全部虫さん達に提供することになってしまって……。


今年は少しでも大きな桃に育てるため、小さいうちに摘果を行ってきた桃。
雨による病気を防いだり虫さん達の被害から守るため、最終摘果を行いながら袋掛けを50個完了しました。

画像一方、こちらは作業の間おとなしく待っていてくれた桃尻。
男の子ですけど、このお尻は時にオネエ座りになったりもして、後ろからギュッとしたくなるほど可愛い桃尻です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

テコリン
2013年06月12日 15:37
丹精して育てた桃の袋掛けたいへんお疲れ様です。手間を惜しまず心を込めて育てているようすが伝わってきます。
こちらの桃尻さんも愛情をたっぷり受けて育っていることが伺われます。
どちらの桃さんも可愛くていとおしいですね
親金
2013年06月13日 00:12
テコリンさん。ありがとうございます。
春には多重弁の花を咲かせてくれた桃。夏には水分がしたたるほど甘い果実になってくれたらいいと欲が出てきました(笑)
今年初めて栽培のまねごとをしてみたのですけど、やはり愛情かけて育てなければいけませんね。
不出来でもいい、どちらも元気に育ってほしいと願っています。

この記事へのトラックバック