蕎麦打ち体験♪

画像画像画像年の瀬も間近に迫って慌ただしい中、嬉しいことがありました。

師匠宅で年越し蕎麦に舌鼓を打つ大晦日。自ら打たれた蕎麦はとっても美味しくて、いつの日か自分で蕎麦を打ってみたい…そんな夢が一昨日思いがけず叶いました。

師匠に「蕎麦打ち」を請う「蕎麦マニア」の方々がいらして、有難く便乗させていただくことに。
皆さん初めての蕎麦打ち体験だそうで、手順の説明にメモを取られたりと、とてもご熱心でした。

そば打ちの基本的な流れは、湯回し→こね→丸めてから伸ばす→四角く広げる→たたんで切る……という具合。
いよいよのし棒の出番になる頃、最初はめん棒を恐る恐る動かしていた手も、見よう見まねでだんだん滑らかになっていきました。

締めくくりは応援部隊とご一緒に、師匠が打たれた美味しいお蕎麦で楽しいひとときを過ごすことができました。

帰りに持たせていただいた私が打ったお蕎麦。幸いブツブツにならずに茹で上がりましたけど、太いのや細いが混在していたのはご愛嬌。

そば打ちは一筋縄でいかない難しさがあると言われています。
今回は、師匠が誰にでもできる方法を教えてくださって、手順一つ一つに新しい発見と喜びがありました。
そのうえ、達人の味も味わせていただいて、今度はその味目指して打てるようになりたい。なんとまぁ欲張りなことで。
初めての挑戦でしたけど、いつか美味しく打てるようになった時の達成感はさぞ格別なものになることでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

関ヤン
2015年12月27日 22:05
蕎麦打ち体験されたんですね。いいなー羨ましいです。お蕎麦が打てたらいいのですけどなかなか難しそうでレシピがあっても踏み出す勇気が出なくて…
機会があったらぜひご指導願いたいです。
親金
2015年12月28日 13:58
関ヤンさん。ありがとうございます。
何日間かネットの動画で予習していたのですけど…一緒に蕎麦打ち体験された方が「習うより慣れよ、ということですね」と言っていたとおり、見るだけでなく勇気を出して体験してみるものですね。
関ヤンさんも、是非挑戦してみてくださいね。
年越しそばが自分で打てるなんて素敵なことです。

この記事へのトラックバック