秋の庭の楽しみ

画像画像画像画像画像今日は日本列島に夏と冬が同居したような気候、これも異常気象というのでしょうか。ここまでくると、異常な気候は日常的なものになり過ぎて、「またか…」と何も感じなくなることが恐ろしくなります。

こちらは申し訳ないほどのお天気で、外は暑くても、肌寒いくらいの風が心地よくて、主人と芋の試し掘りや庭仕事などしていました。
(エッ、稲刈りの手伝いは…)とお思いでしょうけど、コンバイン君がまたもや疲労骨折で整備工場に入院してしまったそうで。

「庭を見せてもらおうと思って…」と訪ねてくださる方があって、「あれぇ、今日休み?」稲刈り日和のお天気なのにと驚かれて、その時の田んぼの状況やら、あげく車の話で盛り上がって。

それにしても、こうして庭を訪ねてくださると気合が入るもので、さて花壇に何か植えようかという気にもなります。
さしあたり、ブルーの花穂がびっしり咲く可愛いアジュガの株分けです。

明日は、残りの芋掘りと楽しみにしていた花苗の植え付け。


どうか皆様もよい連休をお過ごしくださいますように。


「ボクチン食べたい」「ゴンタの大好きなおイモさんは、もう少し置いてからネ」




この記事へのコメント

テコリン
2016年10月10日 15:30
お芋堀りお疲れさまでした。とてもよくできていましたね!どうしたらこんなに立派なお芋ができるのでしょう。こちらは毎年植えても太く大きく育たないので今年はあきらめてしまいました(笑)。
花壇の葉色がとても素敵ですね。
「早くお芋が食べた~い」と、待ち遠しそうなゴンちゃんのお顔が可愛くて♡
親金
2016年10月11日 16:33
テコリンさん。ありがとうございます。
畑の師匠にお褒めいただき恐縮です。どうしてなんでしょうね(笑)。
たしか、サツマイモは貧困野菜なので、肥料はごく少量(ツル呆けがあるから)の方が、大きくて美味しいお芋ができるんですよね。
植え付けた時も十分水をやっただけで、枯れかけない限りはほったらかしでした。自分で勝手に何とかしようと、お芋さん自身が頑張ってくれたのでしょうね。
主人もゴンタも見習ってほしいものです(笑)。

この記事へのトラックバック