今年も梅剪定♪

画像画像画像年が明けてからは、厳しい冷え込みが続いています。お変りございませんか。

寒空の中でも甘い香りを放って、梅に先駆けて咲くロウバイ。いち早く春の訪れを告げる花を目にすると、心が華やぎます。

さて、今日の大仕事。
実のつく木は、隔年生りが多いと言われますけど、うちの数本の小梅は気まぐれで、何年かに一度、ドカッと生る年があります。去年は花つきはよかったものの、拾い集めてもほんの数えるほど。
梅は勢いよく枝が伸びる分、徒長枝がどんどん伸びていきます。見た目が悪くなって、思い切って剪定することに。

もうちっちゃな蕾をたくさんつけていましたので、手の届くところは5~6芽を残してバシバシと。考える苦労はない代わり、脚立の最上段まで上がらないと届かない徒長枝を切るのはちょっとひと仕事です。
刈り込みバサミや高枝バサミ、ノコギリなどを持ち換えては、主人と交代で脚立の上へ。

毎年一度、寒空の中でのひと仕事の、この作業。今年もなんとか済みました。
今年こそ、どうかバカ生りしてくれますように。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

テコリン
2018年01月14日 23:10
名庭師さんの手にかかって今年バッチリ豊作が期待できそうですね~♪
脚立の最上段まで上がったのは心配でしたけど寒空の中での梅の剪定作業、ほんとにお疲れ様でした。
親金
2018年01月15日 16:17
テコリンさん。ありがとうございます。
梅って、放っておくと樹形も暴れて、ドンドン大きく伸びていくんですね。
上の方は、今年何年かに一度の、しっかり剪定にしましたよ。
思い切った切りっぷりの良さと、高い脚立の上の作業は、まさに迷?庭師そのものです(笑)。

この記事へのトラックバック