ちょっと一人で、外泊気分♪

画像画像画像画像画像最初の虫垂炎の入院が2015年10月でしたから、およそ3年前、帯状疱疹は2か月前、もうおなじみになった病院で、今度は「いつか取りましょうね」と先生から聞いていた大腸ポリープの切除で1泊2日の入院をしました。

麻酔はなくて、腸の中をグルグル回る内視鏡の動きを感じながら、我慢できずに唸り声をあげると、「痛かったら私の手を握って…」いつもの先生も今度の看護師さんもおやさしい方ばかりですので、1時間半後「はい、終わりましたよ」と言っていただいたときは、急に力が抜けました。

廊下で顔を見られるなり、病院スタッフの方から「エ、エ~ッ!」と笑顔で話しかけられたり、昨日退院するときは、同室の85歳のご婦人が目を潤ませながら「ありがとう、ありがとね」と言っていただいて、ちょっとしたことですけど、人の絆っていいなと、とっても嬉しくなります。

切除したポリープの検査結果は一週間後になりますけど、そんなわけで、夏休み早々の外泊は無事終了。

風の通り道を探して今日のゴンスケは落ち着いています。前の時に比べるとたった一泊なのに不安がりようが大変だったようで、「やっぱりいてくれるとゴンタも安心なんだねぇ」と主人。

話は変わって、
花壇では、カサブランカも見頃になっていて…そのお花写真の編集をしていたら、突然画面に「おめでとうございます」の文字が。

こんなことって、あるんですね。→詳しくはここ

人間大好きお得大好きばば~の私ですけど、慌てない慌てない。
あの手この手の詐欺にはどうぞお気をつけくださいますように。

"ちょっと一人で、外泊気分♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント